展示パネル・激安・即日・パネル印刷
パネル印刷データのご入稿
マイページ
パネル印刷便利な会員登録
規格外サイズの見積もり
パネル印刷について
オンライン見積り
パネル印刷商品カテゴリー
当日店頭受取
展示パネル印刷
展示パネル印刷(コート紙つやけし・フォト光沢紙)
展示パネル印刷(ラミネートフィルム加工あり)
展示パネル印刷+アルミフレーム加工(コート紙つやけし・フォト光沢紙)
展示パネル印刷+アルミフレーム加工(ラミネートフィルム加工あり)
ポスター作成(大判プリント・大判印刷・大判出力)
ポスター作成(コート紙つやけし・フォト光沢紙)
ポスター作成(ラミネートフィルム加工あり)
サイン&ディスプレイ
タペストリー制作
スタンド看板制作
サイズ別
A0サイズ
A1サイズ
A2サイズ
B0サイズ
B1サイズ
B2サイズ
規格外
パネル印刷規格外商品・オプション
パネル印刷規格外商品のご手配
パネルデザイン手配
パネル印刷複数配送先のご手配
コラム
パネル印刷印刷データのご入稿方法について
パネル印刷よくある質問|Q&A
ご決済方法は、代金引換と銀行先お振込みから選べます
営業時間のご案内
株式会社アンドユーコミュニケーション
カウント
 


広告における印刷物の役割
 
企業の販促活動の一翼を担う展示会やイベントの成功のカギを握るひとつとして、展示パネルは大きな貢献しています。 ターゲットとなる顧客へ自社の製品やサービスの特長や機能をアピールする場合などは、特にその効果が期待されます。 弊社では、展示パネルを専門にパネル印刷をご依頼から即日で、激安な価格で製品をご提供することをモットーにしております。 また、展示パネルのような大型のポスターサイズの印刷物は、広告ツールとしても活躍をしています。 「この商品を売りたいからポスターを作って宣伝しよう!」「大きなポスターなら、目立つので効果があるだろう」 現在、私たちは商品やサービスを手に入れたいとき、広告という情報から入手することが多くあります。 そこから受けた情報を手がかりにして、興味や関心を持ち商品やサービスを購入します。その広告の見せ方が、ホームページ、SNS、テレビ、ラジオ、そして大型サイズの印刷物もそのような仲間に入ります。 もちろん、チラシやパンフレット類も物を販売するためのツールとして活用されていることから、広告をすることにおいて印刷物というメディアは、欠かせないものとなっているのです。

駅貼りイメージ
■広告効果のあるポスターについて
大きな用紙サイズを活かした大型のポスターは、そのデザインをインパクトのあるものにすることによって、目立つこととなり広告効果も得ることが出来るようになります。
ポスターを他の印刷物であるチラシと比べてみると、ポスターにはチラシが持っていない強みを持っています。
チラシは、受け取ってさっと目を通して興味がなければ、読み込んではもらえません。
ある意味、その広告効果が得られるかどうかは、その場の一瞬で決まってしまいます。
しかし、ポスターはある程度の期間、駅構内や地下道などに貼ることで、日々の通勤時に見るようになります。
毎日そこを通るとなれば、否応なく繰り返しそのポスターを見ることになりますので、意識をしていなくても、ポスターから受ける情報が次第に頭の片隅に入り込んでくるものです。
印象に残るということは、いつかは足を止めてポスターに書かれていることを読むという行動にもつながっていきます。
読むことで興味関心を促すことができれば、広告効果として成功となるわけです。
 
■サイズの大きさが印象に残る要因だけではない
ポスターは、広告メディアの中でも印刷物として一番大きなサイズであることから、このように視覚的なアピールを期待できるという特性を持っています。
ポスターの画面は、美しい写真やイラスト、インパクトと印象を残すようなキャッチコピーを盛り込むことで、大きい期待ができる広告ツールになることは間違いありません。
しかし、魅力的に見せるにはそのポスターをきれいな状態で保たなければなりません。
駅の構内でも地下道でも、外の展示ですから破れてしまうとか汚れてしまうこともありますので、そのまま放置していると、魅力的なポスターでなくなってしまいます。
そうなりますと、ポスターは広告の役割を失うことになります。
弊社では、ポスターを印刷しパネル加工をセットで承り、いつまでも魅力的な展示パネルとしての役割を保ち、お客様の広告活動のために貢献しています
 

当社パネル印刷・作成は、平日は16時までのご注文、ご入稿、ご入金(代引可)で即日出荷致します。パネル印刷・作成なら1枚から最安値保証の展示パネル印刷激安・格安専門店【パネルDo!】をよろしくお願いいたします。


← 前のコラム                                 次のコラム→

ページトップへ