展示パネル・激安・即日・パネル印刷
パネル印刷データのご入稿
マイページ
パネル印刷便利な会員登録
規格外サイズの見積もり
パネル印刷について
オンライン見積り
パネル印刷商品カテゴリー
当日店頭受取
展示パネル印刷
展示パネル印刷(コート紙つやけし・フォト光沢紙)
展示パネル印刷(ラミネートフィルム加工あり)
展示パネル印刷+アルミフレーム加工(コート紙つやけし・フォト光沢紙)
展示パネル印刷+アルミフレーム加工(ラミネートフィルム加工あり)
ポスター作成(大判プリント・大判印刷・大判出力)
ポスター作成(コート紙つやけし・フォト光沢紙)
ポスター作成(ラミネートフィルム加工あり)
サイン&ディスプレイ
タペストリー制作
スタンド看板制作
サイズ別
A0サイズ
A1サイズ
A2サイズ
B0サイズ
B1サイズ
B2サイズ
規格外
パネル印刷規格外商品・オプション
パネル印刷規格外商品のご手配
パネルデザイン手配
パネル印刷複数配送先のご手配
コラム
パネル印刷印刷データのご入稿方法について
パネル印刷よくある質問|Q&A
ご決済方法は、代金引換と銀行先お振込みから選べます
営業時間のご案内
株式会社アンドユーコミュニケーション
カウント
 


データ入稿の注意点:Officeソフトの場合
 
弊社では、展示パネルを専門にご依頼から即日で、激安な価格をご提供しています。 パネル印刷をご依頼いただくときには、原稿データの入稿が必要となりますが、原稿データとは、一般的にIllustrator(イラストレーター)やPhotoshop(フォトショップ)などのデザイン作成ソフトで作成された「印刷データ」のことをいいます。 弊社では、そのほかにマイクロソフトのOffice(PowerPoint、Word、Excel)のソフトで作成したデータも承っています。ただ、Officeソフトは印刷機用(組版用)のデータ作成のソフトではないことから、Officeのファイル形式のままデータを入稿しますと、パソコンのOSや搭載フォントの違いから文字化けや改行の位置がずれてしまう、ポスター画像に余白が出来てしまうなど、印刷の仕上がりに多少のトラブルが生じる可能性があります。 そこで、今回はOfficeソフトで作成時の注意点について、ご紹介をしていきます。

オフィスイメージ
■Officeソフトで、印刷用データを作成時の注意点
・フォントについて
フォントの種類は、無数にあり増え続けているのが現状ですので、Officeソフトでデータを作成するときは、標準フォント以外は使用しないでデータを作成することがトラブルを防ぐ有効な手段です。
 
・印刷物に思いがけない余白が出てしまう
例えば、OfficeソフトであるPowerPointで印刷用の原稿データを作成する場合、ページ紙面いっぱいに絵柄、写真などをデザインしたデータの場合は、仕上がりサイズの外側に上下・左右とも3ミリずつのつけたしで設定をしましょう。そのため、サイズの設定をするときは、既存のサイズから選択するのではなく、手動で入力するようにしていきます。デザイン→ページ設定 から スライドのサイズ指定をユーザー設定にし、サイズを数値で入力してください。
例えば、A4であれば21.0cm×29.7cmになります。EXECEL、WORDの場合は、印刷設定で上下左右の余白を0mmに設定してください、そうすると画面全体が印刷される部分になります。また、印刷が仕上がってから文字が切れたりしても困りますので、文字の場合は紙面のフチから5ミリ以上は空けるようにして作成してください。
 
・ポスターの仕上げに、アルミフレームを装着するとき
ポスターをアルミフレームの取付けにより、印刷面はフレームの幅の分隠れてしまいますので、原稿データ作成時には紙面いっぱいに文字や図形をレイアウトしないで、スペースを確するようにしましょう。アルミフレーム時には、アルミフレームの分として上下・左右ともそれぞれ10ミリぐらい避けるようにして原稿入稿データを作成してください。
弊社では、入稿データの拡大縮小をサービスで行っておりますので、原稿データ入稿はOfficeソフトでも承っております。
その場合は、注意点をご理解いただきまして入稿データの作成をお願いいたします。
 
 

当社パネル印刷・作成は、平日は16時までのご注文、ご入稿、ご入金(代引可)で即日出荷致します。パネル印刷・作成なら1枚から最安値保証の展示パネル印刷激安・格安専門店【パネルDo!】をよろしくお願いいたします。

← 前のコラム                                 次のコラム→

ページトップへ