展示パネル・激安・即日・パネル印刷
パネル印刷データのご入稿
マイページ
パネル印刷便利な会員登録
規格外サイズの見積もり
パネル印刷について
オンライン見積り
パネル印刷商品カテゴリー
当日店頭受取
展示パネル印刷
展示パネル印刷(コート紙つやけし・フォト光沢紙)
展示パネル印刷(ラミネートフィルム加工あり)
展示パネル印刷+アルミフレーム加工(コート紙つやけし・フォト光沢紙)
展示パネル印刷+アルミフレーム加工(ラミネートフィルム加工あり)
ポスター作成(大判プリント・大判印刷・大判出力)
ポスター作成(コート紙つやけし・フォト光沢紙)
ポスター作成(ラミネートフィルム加工あり)
サイン&ディスプレイ
タペストリー制作
スタンド看板制作
サイズ別
A0サイズ
A1サイズ
A2サイズ
B0サイズ
B1サイズ
B2サイズ
規格外
パネル印刷規格外商品・オプション
パネル印刷規格外商品のご手配
パネルデザイン手配
パネル印刷複数配送先のご手配
コラム
パネル印刷印刷データのご入稿方法について
パネル印刷よくある質問|Q&A
ご決済方法は、代金引換と銀行先お振込みから選べます
営業時間のご案内
株式会社アンドユーコミュニケーション
カウント
 


知っているようで分かりづらい「データの解像度、dpi、ピクセル、画素数」
 
友達の携帯で撮影してもらった画像が粗くてきれいな映りではないとか、パソコンで見て問題なかった画像をプリンターで印刷したらギザギザの線が出てしまったなどという経験をしたことはないでしょうか? こういった状況の原因は、データの解像度が深く関与しています。 特に展示パネルのような大きいサイズの印刷であるパネル印刷をする時に、仕上がりがきれいになるかどうかは、この解像度に気を配る必要があります。 解像度という用語は、デジカメ・スキャナー・プリンターなどの説明書にもよく出てきますので、聞き覚えのある言葉ですが、具体的にはどういうことなのか知らない方も多くいらっしゃるかと思います。 今回は、データの解像度についてと関連する用語(dpi、ピクセル、画素数)についてもご紹介していきます。

■解像度って何?
解像度とは、画面や画像をどれだけ詳細に表現することができるかを示す度合いのことです。
そして、解像度を表す数字に「画素数」「dpi」「ドット(1ドット=1ピクセル)」などの用語があります。
画像というのは、点の集合から出来上がっており、画像データにおける解像度は「dpi」という単位で表わします。
「dpi」は、1インチ(約2.54cm)内にある点(ドット)の数値のことを表しています。
例えば、300dpiの画像というのは1インチ内に300個のドット数で表現している画像ということとなり、dpiの数値が大きいほど1インチ内のドットの数が多くなりますので、その画像は精密な画像になるということです。
 
■画素数とは?
まず画素というのは、デジタル画像における色情報を持つ最小単位のことで、ピクセル(pixel)と同じ意味で使用されています。
つまり画素数というのは、1つの画像を表現するのに使用されるピクセルの数でもあります。
例えば、縦800ピクセル・横1200ピクセルの画像の画素数は、96万画素という風に表します。
しかし、人間の目には300dpi以上の解像度については、その優劣がほぼ判別できなくなるので、解像度の数値と言うのは高ければ高いほど良いというわけでもありません。
 
大判のパネル印刷の最適な解像度とは?
大判サイズのパネル印刷の場合は、解像度が高くてもデータ容量が大きくなってしまうだけで、適正解像度の画像と印刷品質には違いがありませんし、オフセット印刷等とは異なり大判の展示パネル自体、ある程度離れて見る事を想定して作成しますので、データは150dpi〜200dpiの解像度があれば十分です。
展示パネルなどの大判サイズのパネル印刷を急遽作成したいというご要望に、弊社「パネルDo!」は激安価格で、即日対応をモットーにお客様の様々なニーズにお応えしております。
 


当社パネル印刷・作成は、平日は16時までのご注文、ご入稿、ご入金(代引可)で即日出荷致します。パネル印刷・作成なら1枚から最安値保証の展示パネル印刷激安・格安専門店【パネルDo!】をよろしくお願いいたします。

← 前のコラム                                 次のコラム→

ページトップへ